経済産業省は、
コンビニ大手5社と協力し、
電子的に商品情報を記録した
ICタグを2025年までに
全商品に張り付けることを目標とした
「コンビニ電子タグ1千億枚宣言」を発表しました。

買い物客がかごを置くだけで
瞬時に会計できるセルフレジの普及を進め
サービスの効率化で人手不足に対応するそうです。

全国にたくさんのコンビニ店員さんは
雇用されていると思いますが、
それでも人材不足でシフトを組むのも
大変な状況なのでしょうかね・・・

盗難対策などの問題点はあると思いますが、
コンビニで導入されれば次はスーパーでしょうし
レジ店員の職業も無くなりそうな感じですね。

2018年をめどに一部地域で
実証実験を開始するそうなので
楽しみにしたいと思います。

それでは、サッカーの話題です
2026年大会から現行の32から
48に出場チームが増える
ワールドカップですが、
アメリカ、カナダ、メキシコの3カ国が
共催での開催立候補を正式に発表しました。

48チームで試合をするとなると
かなり会場を沢山確保しないといけないので、
1つの国だけで開催するのは
難しくなってくるのでしょうかね・・・

2020年の5月に開催地が決まる
ということなのでどこになるのか
楽しみにしたいと思います。

4月30日(日曜日)までの申し込みで
5月利用分まで無料見放題キャンペーン中!




テーマ:サッカー日本代表
ジャンル:スポーツ
コメント
さくらんぼうずさん、こんにちは
訪問&コメントありがとうございました

コンビニ店員は人材確保が大変そうなので、
こういうものがどんどん導入されて
効率化されると解消されそうですね!

1年でも早く実施して欲しいと思います!
2017/04/21(Fri) 03:20 | URL | suguru999 | 【編集
官民共同で統一のタグを作れば、便利になりそうですね。こういったことは、他のことでもやってほしいと思います。

化粧品は、有名人の名前を使ったものは、やっぱり反響がいいです・・・
フクザツな心境ですが、中味もよい商品なら、話題になるのはいいことだと思います
2017/04/20(Thu) 10:43 | URL | さくらんぼうず | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
  1. 無料アクセス解析
美容整形