テレビ視聴時間の長さは子どもの成長に悪影響?

昔から
「テレビばかり見ていないで勉強しなさい」
なんて言われることもあって
テレビの観すぎ=良くない
というイメージはありましたが、
アメリカの研究で肥満や言語理解などに
悪影響があるという結果が出たそうです。

確かにテレビばかり観ていれば
体を動かす時間も減りますし、
コマーシャルの間に
お菓子を食べたりしてしまって
肥満になりやすくなるそうです。

言語理解でも言葉を理解したり、
表現する能力が低下するそうで、
そういう話を聞くと怖いですね。

今の日本はテレビを観る時間が
かなり少なくなっていますが、
子どもたちの成長を考えると
良い傾向なのでしょうかね^^;

これからどういう影響が出るのか
見守っていきたいと思います。

それでは、サッカーの話題です
名古屋を退団し今季はブラジルで
現役続行を決断した闘莉王選手が、
来シーズンのJリーグ復帰を
目指す意向を明かしたそうです。

母国で生活する母親の
体調面を考慮しての離日ということですが、
力はまだまだ十分にあると思うので、
条件面で一致すれば
日本でのプレーも観れそうですね^^

頑張って欲しいと思います。



テーマ:サッカー
ジャンル:スポーツ
コメント
さくらんぼうずさん、こんにちは
訪問&コメントありがとうございました

テレビを観る時間は
減ってきているようですが、
その分インターネットや
スマホ、ゲームをしている
時間が増えているようなので
それもまた悪影響はありそうですよね。

何事も適度にやりすぎには
注意して欲しいと思います。
2016/02/18(Thu) 04:57 | URL | suguru999 | 【編集
一方通行のテレビはよくないと言いますよね・・・
ゲームもそうなのでしょう。
文字から思考する本とは違うのでしょうね。

我が家の娘も小さい頃は、テレビばかりで・・・
分かってはいても、見ているとおとなしいので、ついつい見せていました。
大きくなった娘を見て、反省しております(>_<)
2016/02/17(Wed) 20:52 | URL | さくらんぼうず | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
  1. 無料アクセス解析
美容整形