岐阜県農業技術センターは、
岐阜大と樹脂加工会社「住友ベークライト」と
共同で柿の鮮度を長持ちさせる
特殊な包装フィルムを開発したそうです。

通常は80日ほどもつ柿ですが、
この特殊な包装フィルムを使用すると
110日間程度鮮度を保つことができるそうです。

これだけ長い期間保存できると
柿が好きな人にとっては
ありがたい話でしょうね^^

こういう技術開発はまだまだ
日本はすごいと思うので、
他の果物や野菜でも
鮮度を長持ちさせられるような
包装フィルムの開発を
頑張って欲しいと思います!

それでは、サッカーの話題です
16日水曜日はACL広島と浦和が登場しました。

広島は3対0で勝利
浦和は終了間際に追いつき
2対2の引き分けでした。

16日水曜日のACL試合結果
広島 3対0 ブリーラム・ユナイテッド
広州恒大 2対2 浦和



テーマ:サッカー
ジャンル:スポーツ
コメント
さくらんぼうずさん、こんにちは
訪問&コメントありがとうございました

柿が好きな方にとっては
長い期間おいしい柿を
食べることができるということで
すごいことですよね^^

これからもおいしいものを
長く保てるように頑張って欲しいと思います。
2016/03/18(Fri) 04:16 | URL | suguru999 | 【編集
技術の進歩はすごいですね。
秋の味覚が、春の味覚になってしまいそう~~
柿好きなので、うれしいです♪

お店でも間違いはあるでしょうから、自分で気づくようにしたいですね。
私はぼ~っとしているので、注意したいと思います。

2016/03/17(Thu) 22:12 | URL | さくらんぼうず | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
  1. 無料アクセス解析
美容整形