新潟県の泉田裕彦知事は、
4選を目指していた10月16日投開票の
知事選への出馬をとりやめるとする声明文を発表しました。

発表した声明文では「政策論とは関係ない動きが続いている」と指摘、
「このような環境の中では十分に訴えを県民に届けることは難しい」と、
出馬取りやめの理由を説明したそうです。

出馬を表明していた現職知事が、
投票まであと少しというところで、
このようなことになるという事は、
「異常事態」だと思いますが、
こんな状況にしてしまった人たちは
人間として恥ずかしい限りですね。

新潟県の市町村長から
強い要請があって、
長岡市の森民夫市長が県知事選への
出馬を表明していますが、
こんな状況で森さんが知事になったら新潟県は
「全国の恥さらし」になると思うので、
新潟県の市町村や政党、東京電力、新潟日報などと関係のない
まったくしがらみのない人が出てきて、
今まで以上に新潟県民の事を考えて
県政を運営してくれる人が複数出てきて、
選択肢がある選挙ができることを願いたいと思います。
(この一連の流れを新潟県以外の人が調べて詳細を知ったら
新潟県って「どうしようもないくず県」だと思われるでしょうね^^;)
テーマ:政治のニュース
ジャンル:ニュース
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/08/30(Tue) 23:07 |  |  | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
  1. 無料アクセス解析
美容整形