終末期のがん患者への治療やケアの実態をつかむため、
厚生労働省は遺族を対象にした初の
大規模調査を始めるということです。

痛み・不安を軽くする緩和ケアや、
在宅療養への支援が十分でないとの指摘もあり、
調査結果をもとに終末期の治療や介護の向上を
はかるのが狙いということです。

確かに患者本人にどうでしたか?
と尋ねるのはなかなか難しいので、
遺族を対象に調査するのでしょうが、
終末期となると「もう亡くなるんだから」
なんて雑に扱われることもあるかもしれないので、
緩和ケアが進んで欲しいところですね。

今年は予備調査を実施して、
来年度以降に本調査に入るそうですが、
病院のイメージを保つために、
調査対象者だけ手厚い対応だったけど
それ以外の人は・・・だった
なんてことが無いようにして欲しと思います。

それでは、サッカーの話題です
J2リーグの東京Vは、
今シーズン国際スポーツ振興協会(ISPS)と
メインコーポレートパートナー契約を
締結したと発表しました。

ユニホームの胸スポンサーということですが、
「運命を感じたのでスポンサードすることにした。」
と話しているそうですごいですね^^

「年間を通じて2万人ぐらいファンを増やしたい。」
と話しているそうなので、ファンを増やすために
強いチームを作って欲しいと思います!



テーマ:Jリーグ
ジャンル:スポーツ
コメント
さくらんぼうずさん、こんにちは
訪問&コメントありがとうございました

調査があるとよい対応の病院と
悪い対応の病院が分かってしまうので
なかなかできなかったのでしょうかね?

いろいろ調査してより良い方向に
向かって欲しいと思います。
2017/01/18(Wed) 03:51 | URL | suguru999 | 【編集
大規模な調査が今までされていなかったことの方が不思議ですね・・・
ガンが見つかるとお医者様は切るばかりで。
緩和ケアは儲からないからでしょう・・・
2017/01/17(Tue) 14:16 | URL | さくらんぼうず | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
  1. 無料アクセス解析
美容整形