松江工業高等専門学校は、
漁獲後のシジミにあてた光が
殻を透過した後の波長の違いで、
中身が泥だったり、空だったりする
不良貝を選別する装置を開発したそうです。

1秒間に3個見分けることができるそうで、
10年前に地元企業から選別作業の
機械化を相談されてから開発を始め
ようやく完成したということですごいですね!

今までは人の手で選別していたそうですが、
目や耳、肩や腰などに負担もかかって
時間もかなりかかっていたそうなので、
機械で自動化されたらかなり楽になりますね^^

全国でシジミ漁をしている方に
利用して欲しいと思います。

それでは、サッカーの話題です
1日水曜日はACL2試合とアルガルベ杯初戦
なでしこジャパンがスペイン女子代表と対戦しました。

なでしこジャパンは1対2で敗戦となりました。

まだまだ厳しい状況が続きますが、
このまま結果が出てこないと
選手も自信を無くしてしまいそうで
心配なところはありますね。

次の試合は3日金曜日
アイスランド女子代表と対戦です。

1日水曜日のACL試合結果
G大阪 1対4 済州ユナイテッド
イースタンSC 1対1 川崎

1日水曜日のアルガルベ杯試合結果
予選リーグ 第1戦
なでしこジャパン 1対2 スペイン女子代表



テーマ:サッカー日本代表
ジャンル:スポーツ
コメント
さくらんぼうずさん、こんにちは
訪問&コメントありがとうございました

長年の開発が実を結んで
実用化になりそうな感じなのですごいですね^^

シジミ漁の方が負担が
少しでも軽くなって欲しいと思います!
2017/03/03(Fri) 03:27 | URL | suguru999 | 【編集
光で中身を見分けるなんて、すごい技術ですね。
どんどん広まるといいと思います。

応援チームには快進撃を続けてほしいですね!そうなるとチケットの当選確率は低くなりますが、それでもファンはうれしいですよね^^
2017/03/02(Thu) 10:16 | URL | さくらんぼうず | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
  1. 無料アクセス解析
美容整形