震度5弱以上の地震が来る前に
発表する気象庁の緊急地震速報が、
東日本大震災後に多発する余震で、
精度が落ちていると言うことです。

信頼が損なわれているが、
それでも3回に1回ほどは
的中しており、専門家らは
「大きな余震が続く可能性が高く、
誤報と思わずしっかり身構えてほしい」
と呼びかけていると言うことです。

確かに11日の東日本震災後から
緊急地震速報が出るけど
揺れなかったり、
揺れても震度5以上の
地震じゃなかったり
することもありますよね・・・

それでも、何が起こるか
分からないと言うところはあるので
軽視しないで速報が出たら
しっかり準備して欲しいと思います!
東日本大震災で被災した
宮城県石巻市で
217時間ぶりに祖母と孫の
2人が無事に救出されました

がれきに閉じ込められて
大変だったと言うことですが、
地震発生当時台所に
いたということで
閉じ込められた場所でも
冷蔵庫が近く、
少しずつ食料をとりつつ
2人で励ましあいながら
救助を待ったというところも
大きかったのかもしれませんね^^

長い時間閉じ込められていた
と言うことで体力も落ちている
かもしれませんが、
ゆっくり回復して欲しいと思います
東日本巨大地震で被災した
東京電力福島第一原子力発電所がある
福島県双葉町の住民約1200人が、
さいたま市中央区の
さいたまスーパーアリーナの
一時避難所に集団疎開しました。

みんながばらばらになるより
町の知り合いで町ごと
避難したほうが安心感が
あるのではということで
双葉町が決断したそうです。

避難された住民の方は
「地震津波は天災だけど
原発事故は東京電力の人災だ・・・」
と憤っているということです・・・

安全に運行しているときから
原発に関する不信感は
大きかったところはありますが、
実際大災害が起こったときの
対応こそが本当に大事
と思っていましたが、
こんなことになってしまうと
やっぱり原発って安全性が
確保されていないのではと
思ってしまうのも無理は無いですよね

どんどん見知らぬ土地へ避難
されている方が多く
ストレスもたまると思いますが、
対応策も少しずつ
出てきているようなので
体に気をつけて
避難所生活を続けて欲しいと思います。
  1. 無料アクセス解析
美容整形